ルナ サプリ 副作用 危険

ルナ サプリは安全?副作用と危険性

ルナサプリメントでバストアップ

サプリを飲むうえで気になるのが副作用とその危険性ですよね。

 

ルナ サプリを試してみたい、でも副作用が気になる…というあなたに、今回はルナ サプリの副作用と危険性について調べた結果をご紹介していきたいと思います。

 

ルナ サプリには、バストアップに効果のあるプエラリア・ミリフィカが100mg含まれています。
なぜ100mgなのか?もっと多く摂取すればもっと効果があるのではないか?
そう思ったあなた。実はこの100mgというのがポイントなんです。

 

 

バストアップに効果のあるとされるプエラリア。
この成分は女性ホルモンに働きかける成分なので、過剰な摂取は逆効果で、間違った飲み方をすると副作用を引き起こす危険性があるのです。

 

 

その境界線が100mg。
ルナ サプリには、副作用を引き起こす危険性のない適度なプエラリアが含まれているため、副作用の心配がないんですね。

 

 

プラリアの量が少ないからと言って、効果がないなんてこともありませんのでご安心を!
ルーナバストアップサプリには、プエラリアだけでなく、女性ホルモンの分泌を促すザクロ、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ビオチン、チェストベリー、ワイルドヤムなども含まれているので、プエラリアの量は安全な量におさえつつ、ほかの成分がプエラリアの効果を高める役割をしてくれるんです。

 

そんなルナ サプリですが、安全に、副作用を引き起こさないために守っていただきたい注意点が3つあります。

 

 

 

まずはほかのバストアップサプリとの併用。
先ほども説明したように、プエラリアの一日の適正摂取量は100mg。
ほかのバストアップサプリと併用してしまうと、この適正摂取量を超えてしまうので、過剰摂取につながり、副作用を引き起こすリスクが出てきてしまうんですね。

 

 

次に注意したいのは、イソフラボン系サプリとの併用。
大豆などに含まれるイソフラボンには、プエラリアのように女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれているため、こちらも過剰摂取につながってしまいます。

 

 

そして最後に、避妊用ピルとの併用。
ピルはご存知の通り、女性ホルモンに働きかける効果のあるお薬ですので、こちらも過剰摂取につながってしまうので、併用はやめましょう。

 

 

 

以上のことに気を付ければ、ルナバストアップアプリはほかのバストアップサプリよりもとても安心安全なサプリです

 

ルナ サプリには飲み方についてのガイドも付属されているので、きちんとガイド通りに使用すれば、副作用の心配はありません。

 

 

 

ただのサプリなのになぜ飲み方のガイドがあるのか?

 

それは、このLUNA(ルーナ)バストアップサプリは2種類のサプリを飲み分けるという新しいタイプのサプリだからなんです。

 

卵胞期であるキラキラ期用、黄体期であるまったり期用という効果も成分も違うサプリを飲み分けることで、副作用のない安全なバストアップができるんですね。

 

 

 

さらに飲み忘れや飲み間違いがないように、ルーナバストアップアプリにはルナダイアリーが同封されているので、これを飲み始めた日から記入すれば、飲み忘れもない上に自分の体のサイクルも把握できちゃうという女性にとってはありがたいおまけつき。

 

 

というわけで、ルーナ サプリは、体のホルモンランスに合わせながら飲むことができるから、ほかのプエラリアサプリよりも副作用の心配が少なく、安心して飲み続けることができるのです。

 

ほかのバストアップ系サプリが合わなかったという方や、副作用が心配でなかなか手が出せなかったという方も、ぜひこのルナ サプリを試してみてくださいね♪

 

今なら1980円で始められます!(先着200名限定)
詳細⇒ LUNA 美容ケアサプリ今だけキャンペーン中